サマー・パーティー

新しい週が始まりました。今週は暑くなりそうですね。暑くて怠い日の朝を、こんな会話で過ごしてしまいました。

夫:「体脂肪がX%になった(減ったらしい)」
私:「体重は何キロになったの?」
夫:「(ニヤッと)それは言えない」
私:「いや、教えてよ」
夫:「先に教えてくれたら教える」
私:「・・・絶対にイヤ」
夫:「じゃあ、教えない」
私:「いや、教えてよ」
後半4行を繰り返す。

全く不毛なやり取りです。実際にはディープな大阪弁を使っていたので、もっとおチャラけた感じでしたが・・・やれやれ。

それはさておき、週末にパーティーに行って来ました。夫の仕事関係の方に招待されたのですが、カタリナ・フットヒルズと呼ばれる閑静な住宅街にある、プール付きの素敵なお家でした。「プールサイドのパーティーなので、水着を持参して泳いでください!」ということだったのですが、誰も泳いでいませんでした。私は水着も持たないで行きましたが、アメリカ人の方々は、ガンガン泳ぐのかと思っていたので、逆に驚きました。

参加者のほとんどが、アリゾナ大学で研究している人だったので、軽く飲みながら世間話をしたあとは、なにやら難しい話になっていました。ときどき私にもわかる話をしてくれたり、普通の話を振ってくれたりと、気を使ってくださる方も多くいて、とても楽しい時間を過ごすことができました。ありがたい事です。行く直前は若干「面倒臭い」と思っていたのですが、行ってよかったです。

パーティーの終盤、庭に人が集まっているのに気づきました。何かと思って見に行くと、サソリがいました。ツーソンにはサソリがいると聞いてはいたのですが、実物を見るのは初めてです。一軒家に住んでいる人にとっては珍しいことでもないようで、みなさん毎年業者に薬をまいてもらうと言っていました。ウチの家は街中なのでいないと思っていたし、実際見かけたこともないのですが、もしかしたらいるのでしょうか。

そういえば、サソリに刺されたら死ぬのだと思っていましたが、痛いだけらしいです。刺されたら氷で冷やせばいいと教えてもらいました。大きいものよりも、小さいサソリのほうが痛いという噂も耳にします。すべてのサソリが痛いだけなのか、ツーソンに生息しているのがそういう種類なのかは定かではありません。でも、万が一そ刺されたら、絶対に病院に行くと思います。どうか、サソリに遭遇しませんように・・・

タイトルとURLをコピーしました