グランドキャニオン(2)

宿泊したYavapai Lodgeには EastとWestがあり、私たちが泊まったのはEastです。6棟に分かれた2階建ての施設で、部屋にはエアコンがついています。Westの方は平屋でエアコンはありませんが、ペットの宿泊が可能です。

フロントはマーケット・プラザにあって、宿泊施設へは徒歩1分から2分です。知らないでチェックイン時にスーツケースなどを持って行くと、もう一度車に積まなければいけなくなります。


(フロントのある建物、レストランや土産物店が入っています)

マーケットプラザにあるスーパーには、食品はもちろん、土産物やアウトドア・グッズも売っています。店内で売っているエコバッグはグランドキャニオン柄なので、お土産にもなります。値段は2ドル80前後だったと思うのですが、はっきりとは覚えていません。

早めに就寝したおかげで、気分爽快とまではいきませんが、だいぶん楽になりました。朝食をYavapai Lodgeのレストランで済ませたあと、車で EL Tovar Hotel や Bright Angel Lodgeがあるエリアまで移動して、近くのトレイルを歩きました。無料シャトルがHarmits Restまで出ているのですが、さらに標高が高くなるようなので、今回は行かないことにしました。

ツーソンよりも気温は低いとはいえ、30度はあったので、日が当たる場所は暑かったです。他の観光客の方々よりも、ゆっくりと歩きながら、グランドキャニオンの景色を楽しみました。

遠くに見える煙は、現在通行止になっているあたりなのかもしれません。

昼前に車でYavapai Pointへ移動。Geology Museum 周辺を散策したあと、Visitor Centerにあるカフェで、サンドイッチとコーヒーを買って昼食にしました。この時点で終了してもよいほど疲れていたのですが、せっかくなので来たので、Mother Pointへと歩いて行きました。(カフェから徒歩数分です)

Mother Pointには昨日も来たのですが、なにやら事故があったらしくて、景色の良い場所まで行けなかったのです。警備の人が「これ以上事故が起こらないように気をつけて」みたいなことを言ってたのと、ヘリコプターが来たので、誰か落ちたのかもしれません。

1日経ったMother Pointは、何事もなかったように観光客がわんさかいました。そして「絶景」でした。普段は自分の写真は撮らないのですが、今回は通りすがりのインド人夫妻にお願いして撮ってもらいました。恥ずかしいので掲載はしません

タイトルとURLをコピーしました