アリゾナ ルネッサンス・フェスティバル

アリゾナ ルネッサンス・フェスティバルに行ってきました。ツーソンの中心からは車で1時間半ほど北に走ったところで、フェニックスの近くです。

今年で29回目となるルネッサンス・フェスティバルは、2月11日から4月2日までの毎週末とプレジデント・デーに開催されていました。

30エーカーの土地には中世ヨーロッパの村が広がり、当時の衣装をまとった人たちがフェスティバルを盛り上げます。

動物のショーや、手品にアクロバット、騎士やジプシー、ベリーダンサーまでいます。コスチュームをレンタルもできるので、フェスティバルに訪れた人も、中世の人になったような気分を味わうことができます。働いている人との区別がつきにくいので、お店の人に声をかけるときには要注意です。

アートや工芸品を売る店もありました。食べ物や飲み物を売る店もたくさんあるので、時々休みながら、ゆっくりと過ごすことができます。

このフェスティバルで有名なのは、「ターキー・レッグ」です。ものすごく大きかったので、私は買わなかったのですが、子どもから大人まで、ターキー・レッグにかぶりついている人が大勢いました。巨大なピクルスも売っていて、片手に飲みもの、もう一方にピクルをを持ちながら歩いている人もいました。ちょっと心惹かれたので、来年行くことがあれば、挑戦したいと思います。

ブロッコリーとチキン(だったかな?)のブレッド・ボール。隣の席に座っていた女の子が、ものごく気に入ったようで、「おいしい、おいしい」と言いながら食べていました。確かに美味しかったです。パンも全部食べたら、結構満腹になりました。

いくつかのショーを見ましたが、特に面白かったのは、「Joust Tournaments」 という騎士の一騎打ちのショーです。観客は座席の位置によって応援する騎士を決められます。試合が始まる前から会場を盛り上げる役の人たちがいて、観客もだんだんと一致団結して、自分たちの騎士を応援するようになっていくのです。残念ながら私たちの騎士は負けてしまいましたが、なかなかの経験でした。ショーの開始30分前には、結構な数の人が会場にいました。好きな席に座りたい場合は、早めに行った方が良さそうです。

入場料は当日券が大人24ドルですが、アリゾナ州のFry’sで割引券が購入できます。
駐車場は無料です。係員の人に誘導された場所に停めなければいけないのですが、場所によっては帰りに出口まで行くのに、ものすごく時間がかかります。

Arizona Renaissance Festival
12601 US-60, Gold Canyon, AZ 85118

タイトルとURLをコピーしました