ツーソンで家探し(3)

今日は2軒の家をみる

1軒目

指定された時間に、メールで教えてもらった住所を訪ねて行きました。場所はツーソンの北側、Catalina Foothillsという、ツーソンの中でも高級住宅地にあたるところです。他州に比べると不動産は安いですが、それでも気軽に「買います」とは言えない価格です。

我が家は賃貸希望ですが、事前に確認したところ、「この家が、この価格で借りれるの?」というくらいの安さでした。治安の悪い場所ならあるかもしれませんが、閑静な住宅街の庭付き一軒家が、ロサンゼルスなら1ベッドルームのアパートが借りれるかどうかという価格設定なのです。それでも、我が家にとっては予算オーバーなのですが、「プール付き」言葉に惑わされてしまい。「ものすごく頑張って、節約して・・・なんとかなるかな?」などと考えてしまいました。

さて、教えてもらった住所に到着すると、他にも見学している人がいました。担当のJさんの話では、オーナーが売りに出している家だそうです。売れる前に借り手がつくのであれば賃貸にするので、契約期間中は住めるけれど、何年も住むことができるかどうかは不明ということでした。

肝心の家ですが、事前に見た画像よりも、古くて狭いような気がしました。家の正面には大きなサボテンが生えていました。サボテン好きとしてはポイント高いです。家の裏側には、多様な植物が生えており、敷地を超えたところ何もないので、とても広く感じました。そして、プールがありました。そんなに広くはないけれど、横にジャグジーもついています。プールサイドでのんびりとした時間を過ごすという、優雅な妄想が、Jさんの説明でシュンとすぼみました。プールの管理に月100ドルほどかかるらしいのです。一年中、水を貯めておかなければいけないので、水道代もかかりおうです。他にも借り手が管理しなければいけない、ものすごく面倒くさそうなことをがありました。安いのには、それなりの理由があるということですね。

プールの無い家を探そう!

2軒目

2軒目もCatalina Foothills ではありますが、ゲートコミュニティーのタウンハウスでした。敷地内に入るには、警備員のいるゲートを通る必要があるので、セキュリティー面では安心できそうです。また、テニスコートやゴルフ場があり、住民の方は使用できるようです。(その分、管理費が高いのかもしれません)

案内された家は、車を2台停められるガレージ付きで、値段も予算の範囲内でした。内部は古くて、カーペットはかなり汚れていましたが、新しい人が入居する前には掃除が入って、家中をきれいにしてくれるそうです。ただ、現在住んでいる人がいるので、入居日が7月18日頃になるようです。ホテル暮らしを伸ばせばいいのですが、早く落ち着きたい気持ちも大きいです。少し考えさせて欲しいとJさんに伝えて、本日の物件見学は終了しました。

タイトルとURLをコピーしました