ツーソンで家探し(1)

家探し開始!

いよいよ家探しの始まりです。ツーソンに来ると決まってから、賃貸物件のサイトで物色はしていたのですが、いろいろ見すぎて決められなくなっていました。また、当初はアパートを探していたのですが、「ツーソンは家賃が安いので、一軒家に住んでいる人が多い」などという、嘘か本当かわからない言葉に惑わされて、気持ちはどんどん一軒家の方へ傾いてしまいました。しかし、メールでだけで返事をくれる不動産会社は少なく、ほとんど内覧の予定が入ってないのが現状です。

はじめての見学

本日見学した物件は、Blenman-Elm Historic Districtにある、アリゾナ大学から徒歩10分ほどの家でした。とても古そうですが、3beds/2bathsでガレージがついています。ツーソンの暑さを考えれば、ガレージかカーポートは必須だと思っています。

約束していた時間に到着すると、家の中で男性が待っていました。実は、賃貸物件のサイトには、担当者の名前(Bとする)と電話番号しか掲載さえていませんでした。他の物件は会社名が出ていたので、個人の取引のようです。もしかすると騙されているのかもしれないと、内心ドキドキしていましたが、少し話して行くうちに、Bが大家の息子であるということがわかりました。両親が高齢になったので、同じくツーソン在住のBの近所に呼び寄せて、空いた家を賃貸に出すことにしたらしいです。B自身も不動産投資や管理をしており、名義は親になっていても、大家として行動しているように見えました。

家は築60年以上でしたが、中はきれいに改装されており、カーペットも新品でした。割と大きなキッチンとダイニングが一部屋ずつ、小さめのシャワールームが付いた主寝室と普通サイズの寝室が2部屋、暖炉のあるリビングにタブ付きのバスルームがありました。裏庭に出て行くドアのところに、後付けしたのかなと思われる、ランドリールームがあり、全体としては、かなり広い家のように感じました。

庭が(相当)くたびれているけれど、すぐにガーデニングするという話でした。ガレージは別棟で、車の出入りは側道というか、路地みたいなところからのようでした。改装しかけてやめたようなガレージは、左右に棚を設置しているため、2台はいけそうなのに、一台しか駐車できないようです。

家には問題がないのですが、場所が「都会」すぎるように感じました。近くには飲食店が数件と、交通量の多そうな道路があり、治安がどうなのかも気になります。Bに尋ねたところ、「今まで特に問題はなかったけれど、親が住んでいた時には、セキュリティーシステムをつけていた」ということでした。うーん、どうなんでしょう。

これから何軒か見て、良さそうな物件がみつからなかったら、アパートも考えようと思います。うちには車が一台しかないので、歩いて職場に行ける家がいいのか、もう一台車を購入して遠くに住むのか・・・まだまだ決められません。

夜には、また大雨になりました。どうやら今はモンスーンの時期で、時々大雨が降るそうです。なんとなく、ツーソンは雨が降らないと思っていました。砂漠の街にも、モンスーンがあるなんて、世の中には知らないことがたくさんあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました